Blog

  • Hiroyuki Tanaka

新たな試み!

最終更新: 10月12日

自社のように地域農家の困ったを解決したいと思っている方から、ぶどうの加工相談がありました。そのぶどうは「紅伊豆」という品種で「天草レッド」というブランドで販売されています。このぶどうをドライにして「干しぶどう」と「ぶどうピューレ」に加工してみようとおもいます。


43回の閲覧